ホーム > 技術 > ドルのエントリー

ドルのエントリー

初めて取引する時という段階ではまずは準備をしなくてはいけません。

 

売買を始める前であるならば出来事を冷静に観察する事ができる余地があります。

 

しかし、一度売買の内側へ深入りすると、何をしても捉え方が客観性を欠くものになってしまい、時としてちゃんとした考え方が出来なくなる。

 

恐れが生じる。

 

だからこそあなたの考えが客観的な場面で事前準備が重要です。

 

"準備"のためには、とにかく自らの台本を考える事からスタートする。

 

これからのあの通貨は下がる(または上がる)から、この通貨を売買するというように自分なりのストーリー展開を考えていきます。

 

その次はローソク足チャートを確認しましょう。

 

これまでの為替レートの上がり下がり見極めて、今現在の位置を確かめます。

 

そうすれば、「現在はだいぶ行き過ぎた状況にある」他には「もうすでに多数の人々が勝負している今から大急ぎで取引してもなすすべがない」ということが判断できます。

 

当然ですが今さらエントリーするのが手遅れだなと感じたらその場面では潔くあきらめることか重要です。

 

どうしてもあなたなりの物語を譲らずに無理にトレードすると、為替相場に跳ね返されてしまい、むしろマイナスになるリスクがあります。

 

ただし大体の場合緻密な自分の台本を書いているとすれば、取引がやりようがないという状況にはならないと思います。

 

おそらく、実際に外国為替相場が変化する前のはずです。

 

次に、自らがとろうとする外貨ポジションの上下の動きを、ちゃんと調べる事が不可欠です。

 

例えば円安になるというシナリオを考えたのであればその外貨の推移に注目しておくことだ。

http://plaza.rakuten.co.jp/beradne/

マーケットの上げ下げをチェックし始めたときではドルは明確に動く兆候を見せず、上や下に小さな上げ下げをしているだけでしょう。

 

ところが、その変化を気をつけているとある地点でじわじわと、円安の方向へと外国為替相場が変動し始めます。

 

そこでやっとドルのエントリーします。

 

通常、事前の準備さえしておけば、その売買で稼げる割合はかなり高まります。


関連記事

  1. ドルのエントリー

    初めて取引する時という段階ではまずは準備をしなくてはいけません。   ...

  2. テスト

    テスト記事です。...